いよいよオープン!イスタンブール新空港の魅力にせまる

幾度となく延期を繰り返した後、トルコ・イスタンブールの主要空港は2019年4月6日にこれまでのアタテュルク国際空港からイスタンブール新空港に完全移転しました。

ターキッシュエアラインのハブ空港として、アタテュルク国際空港では「ラウンジイスタンブール」や「ツアーイスタンブール」など魅力的なサービスを乗客に提供していましたが、うれしいことにイスタンブール新空港においても同様のサービスが継続されています。

さっそくイスタンブールで乗り継ぐ機会があったので、概要と感想をまとめておきます。

イスタンブール新空港の概要

空港名:イスタンブール空港

開港:2018年10月29日

IATAコード:IST

滑走路:6本(予定)

総面積:7594ヘクタール

滑走路は2019年5月現在、まだ2本しか完成していませんが、工事が進めば最終的に年間2億人収容可能の超メガ空港となります。

東京ドーム算は好きではありませんが、東京ドーム約1636個相当、成田空港の約8倍といぅことで、その大きさがとてつもないことだけはわかります。

イスタンブール新空港のラウンジ

アタテュルク空港では大評判だった「ラウンジイスタンブール」は、もちろん新空港でも健在で、しかもアタテュルク空港のラウンジよりも広くなっています。

ターキッシュエアラインズを利用する際、イスタンブール新空港の国際線ターミナルで、日本人の私たちにも使えるラウンジは3つあります。

Turkish Airlines Lounge Business

PierD、E1ゲートの反対側にある階段からアクセスできるビジネスラウンジは、5,596m2の広さを誇ります。

利用資格は以下の通り。

ターキッシュエアラインズまたはスターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス利用者

ターキッシュエアラインズのエリート会員

スターアライアンスゴールド会員

ターキッシュエアラインズのコーポレート会員

Turkish Airlines Lounge Miles&Smiles

PierD、C1ゲートの反対側にある階段からアクセスできるMiles&Smilesラウンジは、5.596m2の広さを誇ります。

利用資格は以下の通り。

ターキッシュエアラインズのエリート会員

スターアライアンスゴールド会員

ターキッシュエアラインズのコーポレート会員

IGA Lounge(IGAラウンジ)

こちらは、IGA(イスタンブール空港)会員向けのラウンジです。

お金を払えば会員になれるのでものすごくトルコによく行く方は、ラウンジの利用、優先チェックイン、優先パスポートチェックなどがあるこの会員になるのも良いかもしれません。

この他、スカイチームやワンワールドのラウンジももちろんありますが、日本からのフライトではあまり使うことは無いのではないでしょうか。

なお、2019年4月現在、残念ながらプライオリティパスで利用できるラウンジは無いようです。

イスタンブールで長時間の乗り継ぎなら、Tourlstanbulに参加!

ターキッシュエアラインズは、自社の国際線乗り継ぎ便利用者向けに、Tourlstanbulという無料のトランジットツアーを開催しています。

ツアーの時間は以下の通り6種類で、自分のフライトに合わせて参加できるものがあれば、ぜひ参加をおすすめします。

8:00~11:30

8:30~15:00

8:30~18:00

12: 00~18:00

16: 00~21:30

18: 00~23:00

利用資格は、以下の2点のみです。

・ターキッシュエアラインズを利用してイスタンブールに到着し、ターキッシュエアラインズを利用してイスタンブールから出発するチケットを持っていること

・乗り継ぎ時間が6時間~24時間であること

ツアーに参加するには、arrivalを出て右に進んだホテルデスクで申し込みます。

この時、次のフライトの搭乗券が必要なので、未発券の場合はトランスファーデスクに寄ってから入国すると良いでしょう。

おわりに

ヨーロッパ方面を訪れるのに、直行便にこだわりがなければターキッシュエアラインズは良い選択です。

トランジットをうまく活用して、イスタンブール空港も楽しみたいですね!

イスタンブール空港のモニュメント
最新情報をチェックしよう!