ロンドンでビスポークしたグローブトロッターの配送のトラッキング

ビスポークしたグローブトロッターがロンドンから発送されたと連絡があってから、実際に手元に届くまでのトラッキングの記録を残しておきます。

UPSでの配達でしたが、日本に届くまでイギリスからドイツ・中国を経て、さらに日本でも大阪から成田へといくつもの経由地を経由していることがわかります。

UPS Carbon Neutralで2019/02/13 17:12United Kingdom処理完了: UPSへの引渡し準備ができました 
出荷日:2019/02/14 15:14London, United Kingdom集荷スキャン 

2019/02/14 18:38London, United Kingdom発地国センタースキャン

2019/02/14 20:29London, United Kingdom出発時刻

2019/02/14 21:44Stansted, United Kingdom到着時刻

2019/02/14 22:08Stansted, United Kingdom空港上屋スキャン(輸出)

2019/02/14 22:46Stansted, United Kingdom出発時刻

2019/02/15 0:46Koeln, Germany到着時刻

2019/02/15 5:14Koeln, Germany出発時刻

2019/02/15 18:09Tokyo, Japan別送品申告書がありません。荷受人からのこの書類は必須です。

2019/02/15 23:45Shenzhen, China到着時刻

2019/02/16 4:00Shenzhen, China出発時刻

2019/02/16 7:53Osaka, Japan到着時刻

2019/02/16 19:01Osaka, Japan出発時刻

2019/02/16 20:37Narita, Japan到着時刻

2019/02/17 9:05Narita, Japan出発時刻

2019/02/17 10:24Tokyo, Japan空港上屋スキャン(輸入)

2019/02/17 18:54Tokyo, Japanウエアハウススキャン(在庫スキャン)

2019/02/17 9:05Narita, Japan出発時刻

2019/02/18 17:19Tokyo, Japan空港上屋スキャン(輸入)

2019/02/18 17:45Tokyo, Japan出発時刻

2019/02/19 16:35Narita, Japan出発時刻

2019/02/19 17:43Tokyo, Japan空港上屋スキャン(輸入)
輸送中2019/02/19 20:30Tokyo, Japan荷物は地元エージェントに引き渡され、配達が手配されました。 

都内での配送はUPSの自社便ですが、そうすると平日昼間の配送で、しかも宅配BOXを使用できないため、あらかじめ電話連絡してヤマト運輸へ転送するよう依頼をしておきました。

そのため、地元エージェント(=ヤマト運輸)に引き渡された後はいつもの国内の宅急便と同じで、翌日には手元に届きました。

イギリス→日本までは超スピード配送だったものの、通関の書類提出などもあり日本で荷物が一時ストップしてしまい、結局は発送から一週間で手元に届きました。海外からの発送で一週間であれば配送スピードとしてはハナマルです。

最新情報をチェックしよう!