【海外ディズニー】香港ディズニーランドのススメ

日本人ならば東京ディズニーランドを訪れた経験がある人が多いのではないでしょうか。

しかも中には何十回と訪れた経験もある人も少なくありませんが、どうせなら普段と少し違ったディズニーランドを楽しむのも、新鮮な経験となります。

中でも、日本からすぐに行ける香港ディズニーランドを利用する事をおすすめします。

広告

香港ディズニーランドの基本情報

香港ディズニーランドは、2005年の9月12日に香港のランタオ島にオープンしました。

わざわざ海外に出向くのは大変だと考えるかもしれませんが、同じアジアの香港なので東京から香港国際空港までは5時間程度で訪れる事が可能です。成田からも羽田からも一日にかなりの便数が飛んでいて、時間を選べるのもポイントです。

香港ディズニーランドのパーク部分の面積は、27.4ヘクタールとなっており、東京ディズニーランドが51ヘクタール程ある事を考えれば約半分であり、ディズニーランドとしてはかなりコンパクトな広さである事が特徴です。

香港ディズニーランドはキャラグリ天国

香港ディズニーランドの大きな魅力と言えるのが、ミッキーやミニー等の魅力的なキャラクター達と写真を撮影し易い事です。

キャラクターグリーティングが多く用意されているので、ディズニーの人気キャラと次々に写真撮影をして思い出の品として残す事が出来ます。

東京ディズニーランドでは、キャラクターと一緒に写真を撮るためには、アトラクションと同様に一時間待ち、二時間待ちなんてこともザラですが、香港ディズニーランドでは、待っても10分程度で、すぐに色々なキャラクターと写真を撮ることができます。

待ち時間なしでアトラクション乗り放題!

東京ディズニーランドの場合、アトラクションを利用するのに長時間並ぶのは当たり前です。ですが香港ディズニーランドは訪れる日にもよりますが、最長でも30分程度並ぶだけで利用出来るケースが多いので、1日で様々なアトラクションを堪能出来ます。

香港ディズニーランドを訪れた際には、やはり東京ディズニーランドでは味わえないアトラクションを体験すべきです。

まずおすすめなのがミスティック・ポイントであり、電磁カーに乗って大富豪の探検家が集めたとされるミステリアスなコレクションを鑑賞する事が出来ます。

爽快感を味わいたい人には、ビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カーがおすすめです。ぱっと見は東京ディズニーランドにあるビッグサンダーマウンテンに似ていますが、より高いスリルと爽快感を味わう事が出来ます。

ファストパスも取れる

香港ディズニーランドでは、東京ディズニーランドと同じく人気のアトラクションで優先搭乗券であるファストパスが用意されています。

2018年10月現在、ファストパスが利用出来るアトラクションは以下の3つです。

・ハイパースペース・マウンテン

・プーさんの冒険

・アイアンマン・エクスペリエンス

ファストパスがなくてもそんなに待ち時間はなさそうでしたが、ファストパスを活用しつつ時間を有効に使えるのは嬉しいですね。

子連れにもオススメ

待ち時間が長いとどうしても子供は飽きてしまいますし、広いパーク内を一周するだけでも疲れてしまうものです。

その点、香港ディズニーランドはキャラグリもアトラクションも待ち時間が少なく、またパークは小規模のため、大人だけの旅行はもちろん、お子様を連れての旅行にもかなりオススメです。

 

最新情報をチェックしよう!
広告