東京からトルクメニスタンまで直行便往復200ドル!?真相を問い合わせてみた

日本からは直行便が就航しておらず、ビザの取得もハードルが高いと知られている中央アジアの北朝鮮ことトルクメニスタン。

今月初めに、「6月末に東京からトルクメニスタンまでトルクメニスタン航空のチャーター便が就航。しかもお値段なんと往復200ドル」という驚きのニュースが流れてきました。

仕事の都合さえつけば行けるかと思いまずは問い合わせをしてみましたので、記録として残しておきたいと思います。

情報源は在東京トルクメニスタン大使館

そもそもこの情報は、在東京トルクメニスタン大使館のWebサイトにExclusive tour to Turkmenistanと題して以下のような情報が掲載されたものです。

Dear Ladies and Gentlemen!

Turkmenistan toursim companies together with Turkmenistan Airlines propose exclusive tour to Turkmenistan in period 27-29 June 2019. For this tour Turkmenistan side arranges the Charter flight Tokyo-Ashgabat-Tokyo. The cost of airticket for roundtrip is only 200 USD. For further information you can contact to the Embassy of Turkmenistan in Japan or to “ASHGABATSIYAKHAT” STATE TOURIST ENTERPRISE

6/27(木)から6/29(土)ということは、23日。何の目的のチャーター便なのかわかりませんが、観光客を呼び込むにはあまりにも少ない日数なので、何か政府イベントのついでに席が空いているから一般客も乗れるようにしておこう、ということなのかもしれません。

航空券は大使館を通じて購入

今回のチャーター便の航空券は、トルクメニスタン大使館を通じて購入することになっているようです。

大使館が航空券を売るなんて聞いたことがないのですが、トルクメニスタン航空は国営の航空会社ですし、日本に販路を持たないようなので、そういうこともあるのでしょう。

ただ、大使館で航空券は買えるものの、ビザの取得に必要な招待状(Letter of Invitaion)は旅行会社を通じて手配する必要があるので、必ず旅行会社(ASHGABATSIYAKHAT)にコンタクトを取るように、という指示でした。

地獄の門にも行ける!選べるツアーオプションは2つ!

さて、記載されていたASHGABATSIYAKHATという旅行会社に問い合わせをしてみたところ、今回のスケジュールに合わせて2つのオプションを提供しているということでした。

トルクメニスタンは自由旅行が制限されているため、観光ビザを取るにはトルクメニスタン到着からトルクメニスタン出発までの間ずっと政府公認のガイドを付ける必要があり、格安の200ドル航空券を予約できたとしても、自分たちだけで市内を観光することはできません。

よって、必然的にこの2つのどちらかのオプションを選択することになります。

オプション1:トルクメニスタン観光の目玉!地獄の門とアシガバート市内観光

1日目:アシガバート空港に到着後、夕食、アシガバート市内観光

2日目:朝食後、トルクメニスタン国立博物館、キプチャク村、世界遺産ニサ遺跡、昼食後地獄の門まで移動、夕食は地獄の門でBBQ、アシガバートに戻る

3日目:朝食後、空港へ移動

宿泊は市内4つ星ホテルのGrand TurkmenまたはAk Altyn

オプション2:トルクメニスタン航空国内線も乗れる!クフナウルゲンチと地獄の門へ

1日目:アシガバート空港に到着後、夕食、アシガバート市内観光

2日目:早朝、トルクメニスタン航空国内線でダショウズ(Dashoguz)へ。世界遺産クフナウルゲンチ観光、地獄の門まで移動、地獄の門の近くでテントまたはユルタに宿泊

3日目:アシガバートに戻り市内観光後空港へ

宿泊は、1日目:市内4つ星ホテルのGrand TurkmenまたはAk Altyn、2日目:テントまたはユルタ

気になるツアー代金は参加者数によって変動し、340ドルから1,000ドル程度。この費用には招待状の発行、ホテル・ガイド代等が含まれていて、逆に費用に含まれないのは東京からアシガバートまでの航空券代、保険、ビザ代とのこと。

ビザは?招待状(LoI)は間に合うのか?

トルクメニスタンに入国するには何がしかのビザが必要で、そのビザを取得するためにはLetter of Invitaionという招待状が必要です。

ASHGABATSIYAKHATによると、観光ビザのための招待状(Letter of Invitaion)は政府観光局から発行され、手続きに2週間程度かかるとのことでした。

招待状(Letter of Invitaion)の申請には、パスポートのカラーコピーに加え、以下の情報が必要です。

氏名(旧姓も)、生年月日、性別、国籍、出生国、出生地、パスポートカテゴリ、パスポート番号、パスポートの発行日と期限、パスポートの発行地、住所、メールアドレス、過去にトルクメニスタンで罰金刑を受けたことがあるか、婚姻状況、配偶者の情報、学歴、学部、大学名、職業、勤務先の情報、肩書き、過去のビザ情報

なお、ビザは招待状(Letter of Invitaion)があれば日本の大使館でも取れるし、トルクメニスタンのアシガバート空港に到着後にVisa on Arrivalとして取得することも可能とのことでした。

現実問題として、招待状の取得に2週間かかるとなると、6/27の出発に向けて日本のトルクメニスタン大使館にビザ申請している時間の余裕は無いのではないかと思います。

最新情報をチェックしよう!