【夢のファーストクラス】ANAファーストクラス搭乗記【フランクフルト→羽田】

楽しいロンドン滞在を終えて、いよいよ日本へ帰国です。ロンドン・ヒースロー空港からは、ルフトハンザのビジネスクラスでフランクフルトまで、フランクフルトから羽田はANAのファーストクラスを利用しました。

欧州内線は残念ながらファーストクラスの設定はなく、往復全区間中ヒースローからフランクフルトまでだけビジネスクラスです。

ファーストクラスの設定があればフランクフルト空港で、ルフトハンザのファーストクラスラウンジが使えたのですが、それは次の楽しみに取っておくしかないですね。

ヒースローからフランクフルトは一日に何便も飛んでいますし、ロンドンにはヒースロー空港のほかにシティ空港もあり、予約の際にはどちらの空港に何時の便を選ぶかしっかり確認が必要です。

今回はお昼頃にヒースローを出発する便を取ったので、ホテルで軽く朝食を取ってチェックアウトした後に空港に向かいました。

待望のファーストクラス機内食!

さて、今回一番楽しみにしていたのは、何と言ってもANAファーストクラスの機内食です。

洋食・和食からの選択だったので、どちらにするかをかなり悩みましたが、旅行中はパンや肉・揚げ物など、結構ヘビーな食事が続いていたので、お腹に優しそうな和食を選択しました。

まずアミューズからスタートです。

アミューズ:ハーブ風味のシュリンプブレゼ 、フォアグラテリーヌのアーモンドボール 、ドライトマト 、モッツァレラチーズとオリーブのピンチョス、 チーズペッパーバー

先附 :ほうれん草と杏茸のお浸し
前菜: いくら醤油漬け 海老芝煮 帆立貝黄身焼き 鰊梅煮 鴨ロース煮 酢どりエシャロット 赤ピーマン紅葉

お椀:鱸揚げ

お造り:鮪焼き霜造り

炊き合わせ:里芋唐揚げ
小 鉢 :白和え
主 菜 :平政煮付け
御 飯
味噌汁
香の物

デザートは何種類からか選べましたが、今回はアイスクリームの取り合わせを選択しました

小腹が空いた時にも気の利いたおつまみ

夕食を食べてから何時間も経つと、変な時間にお腹が空くものです。

ゆっくりと寝ている時にはもちろん声を掛けられませんが、ちょっと起きてモゾモゾしていると、すかさずCAさんが「飲み物やおつまみをお持ちしましょうか?」と声を掛けてくれるのも、乗客数の少ないファーストクラスならではの行き届いたサービスです。

今回ちょっとしたおつまみに選んだのは、さつま揚げ。

醤油で食べても良いし、柚子胡椒でピリっとした辛味をつけていただくのも良かったです。

今回フライト中にいくつか映画を見たのですが、他に見たい映画が無かったのでTV番組を物色していると、マツコの知らない世界で中華そば特集をしていて、ついついラーメンが食べたくなり、味噌ラーメンも頼んでしまいました。

また、違う時間帯にフルーツを頼んだら、なんとこんなオシャレな盛り付けに!「今日は女性のお客様がお一人なのでチーフパーサーが張り切っちゃいました」との嬉しいお言葉でした。

気になる他のメニューは?

今回は和食を選びましたが、機会があれば洋食メニューや、他の一品メニューも食べてみたいと思います。

メニューを抜粋して掲載しておきます。

洋食

アミューズ ハーブ風味のシュリンプブレゼ フォアグラテリーヌのアーモンドボール ドライトマト モッツァレラチーズとオリーブのピンチョス チーズペッパーバー
アペタイザー
・サーモンのムースドーム ほうれん草とサワークリームのソース キャビアとともに ・フォアグラのテリーヌ エスプレッソクリームとともに ・クスクスとアボカドのサラダ
・ガーデンサラダ
ドレッシングは2種類から選択
山わさびのドレッシング トマトドレッシング コーンスープ
メインディッシュ (選択)
・牛フィレ肉のステーキ キャラメリゼしたオニオンのソース
・大鮃のソテー アーモンドのクロッカン添え 赤ピーマンのクーリとともに
・ローストしたラムロインとザウアーブラーテン ポテトのオモニエール添え
ブレッドセレクション バター もしくは オリーブオイルとともに
チーズプレート ショーム スティルトン オバツダ
デザート
・アイスクリームの取り合わせ
・イチゴのシャルロットケーキ ラズベリーのクランブル添え
・温かいラベンダーの香るピーチケーキ バニラアイスクリーム添え
・フルーツ
プティフール

お好きな時に

お酒のおともに
・まつのゆき ちーず粽菜
・鹿児島名物さつま揚げ
スープ
・コーンスープ
麺 類
・一風堂ラーメン コク極まる味噌「大地」
・かき揚げうどん

軽いお食事

・きのことコンキリエのグラタン トマトソース
・ミートローフとマースダムチーズのローゲンロールサンドイッチ
・ANA オリジナルカレー
・鶏飯丼
・海鮮茶漬け
リフレッシュメント
・ガーデンサラダ
ドレッシングは2種類から選択
山わさびのドレッシング トマトドレッシング
・チーズプレート (ショーム スティルトン オバツダ)
・フルーツ
・ヨーグルトに果実ふんだんなラ・フランスジャムを添えて

セットメニュー

和食、洋食のセットメニュー
和 食
小 鉢 根菜煮豆
主 菜 鯖みぞれ煮
御飯 味噌汁 香の物 お粥 もお選びいただけます
御飯のおともに
く ろ ずサンラーファン
海苔 納豆 黒酢酸辣飯
洋 食 2種のハムとチーズのコンビネーション フルーツ
パンまたはシリアルからお選びいただけます
・ブレッドロールをバターとともに ストロベリージャム、マーマレード もしくは ハニー もお選びいただけます
・シリアルをミルクとともに

ファーストクラスの座席シート

食事もさることながら、12時間以上の長い時間を過ごすこととなる座席の快適さも気になるところ。

今回乗ったANAのB777−300ERファーストクラスは、扉こそないものの個室感満載で、満席でしたが周りの他の方の様子がわかることなく快適な空間でした。

座席前方のスクリーンはなんと23インチの大型ディスプレイ。座席からスクリーンまでは遠いですが、しっかり字幕まで読める大きさです。

座席に座った状態で足を全力で伸ばしてもここまでしか届きません。

女性の私には完全にオーバーサイズな広さですが、大柄な男性でも余裕の広さなはずです。

必要なものは何でも座席の横に揃っています。

スクリーンディスプレイのリモコンも、ちょっとした小物入れも、座席の角度を変えたり180度倒すような操作ができるタッチパネルもありました。

USBケーブルを刺せたので、日本に着く前に十分に充電できたのも嬉しい設備です。

席に座った状態で、通路を挟んで隣を見るとこんな感じ。隣の人の顔が見えることはありませんし、食べているものもわかりませんので、かなりプライバシーが保たれています。

食事の時間以外は座席を完全にフルフラットにして、ゆっくり休む事ができます。食後に、「いつ頃ベッドをお作りしましょうか?」と聞かれたので、映画を一本見終わってからお願いすることとして、次の映画は寝転がって見ているうちに完全に寝落ちしました。

座席の操作はこのようなタッチパネルで微調整できました。

一つ残念だったのは窓側も囲われていたため、実質利用できる窓が一つしかなく、離陸や着陸の際の風景を楽しめなかったことです。

おわりに

今回は貯めたマイルを使ってファーストクラスに乗る!ということを目的とした旅行でしたが、本当に素晴らしい体験となりました。絶対にまた次もマイルを貯めてファーストクラスに乗るぞ!と心に誓い、旅の締めくくりとなりました。

関連記事

このブログを見てくれている人は主に「クルーズ」に興味がある方だと思います。国内港を発着するクルーズであれば出費はクルーズ代だけですが、地中海やアラスカ、カリブ海にハワイまで、海外の港を発着とする海外クルーズに乗船する場合は、その港の最寄り空[…]

関連記事

先日、一年間で最大21万マイルを貯める方法をご紹介しましたが、ついに貯めたマイルを利用して、ヨーロッパまでの往復ファーストクラス航空券を発券しました!これまでビジネスクラスの特典航空券は何度も利用していましたが、そもそもファーストク[…]

ANAファーストクラスの座席
最新情報をチェックしよう!