【WDW・DCL旅行記】08.他のクルーズと一線を画す、ディズニークルーズのローテーションダイニングシステムとは

ディズニーのパークに定期的に行くようなディズニージャンキーでも、他社クルーズ客船に何度乗ったことがあっても、初めてディズニークルーズに乗船するときに驚くのは、一風変わったその食事システムです。

Rotational Dining(ローテーションダイニング)と呼ばれるそのシステムは、ディズニークルーズならではの楽しい特典です。各クルーズ船には、ローテーションダイニングプログラムに含まれる3つのテーブルサービスレストランを楽しむことができます。

ディズニークルーズ各船のローテーションダイニング

他社クルーズ船においては夕食のダイニングは毎日決まった時間に決まった場所で食べるというシステムとなっているのが一般的ですが、ディズニークルーズのローテーションダイニングでは、毎晩異なるレストランで食事をし、各レストランでは異なる装飾やメニューを楽しむことができます。

レストランはディズニークルーズの各船によって少しずつ異なりますが、いずれも前菜・スープ/サラダ・メイン・デザートという4コースのディナーを食べられます。

Disney Dreamのローテーションダイニング

Animator’s Palate(アニメーターズパレット):ペイントブラシ、キャラクターのスケッチ画、色鉛筆などアニメーションスタジオをイメージしたレストラン

Enchanted Garden(エンチャンテッドガーデン):まるで庭園の中にいるような雰囲気の、カジュアルエレガンスがテーマのレストラン

Royal Palace(ロイヤルパレス):シンデレラ、白雪姫と7人の小人、眠れる森の美女、美女と野獣などをイメージしたレストラン

Disney Fantasyのローテーションダイニング

Animator’s Palate(アニメーターズパレット):ペイントブラシ、キャラクターのスケッチ画、色鉛筆などアニメーションスタジオをイメージしたレストラン

Enchanted Garden(エンチャンテッドガーデン):まるで庭園の中にいるような雰囲気の、カジュアルエレガンスがテーマのレストラン

Royal Court(ロイヤルコート):シンデレラ、白雪姫と7人の小人、眠れる森の美女、美女と野獣などをイメージしたレストラン

Disney Magicのローテーションダイニング

Animator’s Palate(アニメーターズパレット):ペイントブラシ、キャラクターのスケッチ画、色鉛筆などアニメーションスタジオをイメージしたレストラン

Lumiere’s(ルミエール):『美女と野獣』がテーマとなったフレンチ・スタイルレストラン

Rapunzel’s Royal Table(ラプンツェルのロイヤルテーブル):2018年に新しくオープンした、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』がテーマとなったレストラン

Disney Wonderのローテーションダイニング

Animator’s Palate(アニメーターズパレット):ペイントブラシ、キャラクターのスケッチ画、色鉛筆などアニメーションスタジオをイメージしたレストラン

Triton’s(トリトンズ):ディズニー映画『リトル・マーメイド』がテーマとなったレストラン

Tiana’s Place(ティアナズプレイス):ディズニー映画『プリンセスと魔法のキス』をテーマにしたレストラン

レストランが変わってもサーバーは同じ

ローテーションダイニングは、毎日レストランの場所が変わるだけでなく、食事や飲み物を給仕してくれるサーバーの方も一緒に移動します。

そのため、ディズニークルーズに乗船中は毎晩同じスタッフが給仕してくれるので、好みのお酒や、食事の好き嫌い、アレルギーへの対応もスムーズに行うことができます。

食事の時間は選択できるのか?

ディズニークルーズの夕食時間は、他のクルーズ船と同じく、17:45スタートの1stと、20:15スタートの2ndに分けられているので、予約時または予約後My Disney Cruiseからどちらが良いかリクエストすることができます。

他のクルーズ会社では2ndの方が人気と言われていますが、ディズニークルーズでは子供連れの乗船が多いためか、圧倒的に1stシーティングの方が人気です。

私はこれまで4回ディズニークルーズに乗船しましたが、いずれも3か月前くらいの予約で、予約時点ですでに1stはキャンセル待ちの状態でした。どうしても早い時間が良い人はキャンセル待ちを入れておけば、空きが出れば自動的に1stシーティングに移動してもらえるようです。

個人的には、大人だけの旅行でしたら、子供が少なくて静かに食事ができる2ndシーティングの選択をおすすめします。

レストランの順番は乗船後にわかる

気になるローテーションダイニングの順番は、乗船後(ターミナルにてチェックイン後)にクルーズカードを受け取って初めて判明します。

ディズニークルーズカード

クルーズカードには上の写真のように、「Dinner:8:15PM ERRA Table:14」と、夕食の時間(8:15PM)、ローテーションダイニングの順番(ERRA)、そしてテーブル番号(Table:14)が書かれています。

これはディズニードリームに乗船した際のカードですが、4泊のクルーズでERRAということは1日目はEnchanted Garden→2日目はRoyal Palace→3日目はRoyal Palace→4日目はAnimator’s Palateという順番になります。

同じレストランが連続しても、前回とは違うメニューが提供されるので、飽きる心配はありません。

ローテーションダイニングレストランのドレスコードはある?

ほとんどのディナータイムでは、ドレスコードは「Cruise Casual」です。TシャツとパンツはOKですが、なぜかタンクトップは不可なので注意が必要です。あまり気負わず、ちょっと近所のレストランに行く、くらいの服装で問題ありません。

また、クルーズ中にはパイレーツナイトと呼ばれる、フック船長やジャックスパロウなどが登場する夜もあり、その日はドレスコードも「海賊」になるので、横縞の服や黒い眼帯など、ちょっとしたアイテムを持っていくのも楽しいかもしれません。

7泊以上のロングクルーズではジャケットやドレスが必要な特別な「ドレスアップディナー」があり、おしゃれを楽しむこともできます。

豪華客船クルーズの予約はこちら

次のクルーズの予約はお決まりですか?ダイヤモンドプリンセスやコスタネオロマンチカなどの国内クルーズはもちろん、海外へのフライ&クルーズから世界一周まで、クルーズの予約はお得な料金で豊富なコースから選べるベストワンクルーズがオススメ!今すぐこちらのリンクから気になるコースをチェック!

アニメーターズパレット
最新情報をチェックしよう!
広告