グローブトロッターロンドン本店ビスポークラウンジに潜入

ロンドン滞在時に、ロンドンはアルバマールストリートにあるグローブトロッターロンドン本店を訪れました。

今回の目的は、ビスポークラウンジで自分だけのマイ・オンリー・トロッターを作ることです。

グローブトロッターロンドン本店へのアクセス

グローブトロッターロンドン本店は、ロンドン中心地ピカデリーサーカスからほど近く、有名ブランドショップが軒を並べるアルバマールストリートに位置しています。

隣にはアガサクリスティが逗留したことでも有名なブラウンズホテル。

地下鉄でアクセスする場合は、ピカデリーサーカス駅、グリーンパーク駅、ボンドストリート駅、オックスフォードサーカス駅のいずれかを利用するのが便利です。

狭い店内に所狭しと並ぶグローブトロッターのスーツケース

店内に入ると、右にも左にも、色とりどりのスーツケースが並びます。

同じ色のサイズ違いを重ねて飾られているのを見て、やはり同じ色で揃えるのがステキだなぁと思います。

また、ここアルバマールストリート限定の、その名も「アルバマールコレクション」というシリーズも飾られていました。旅行の記念に買うなら、ここでしか買えないというコレクションはかなり魅力的です。

ビスポークラウンジに入るには?

グローブトロッターロンドン本店の一階は誰でもふらりと入れますが、二階のビスポークラウンジを訪れるには事前にアポイントメントが必要です。

今回は、ロンドン訪問の2ヶ月ほど前にお店にメールし、ビスポークを希望している旨を伝えて訪問日時を決めました。

ビスポークラウンジは貸切で一人あたり2時間は確保するとのことでしたので、直前だと希望の時間に予約ができない可能性があるということで、できるだけ早めに連絡を取るのが望ましいようです。

ついに夢の空間、ビスポークラウンジへ!

さて、約束の時間にグローブトロッターを訪れると、一人は接客中。

もう一人店内にスタツフがいたので、ビスポークのアポイントメントがある旨をお伝えしたところ、「すぐに案内するから座って待っていて」と店内のソファに案内されました。

店内をキョロキョロ眺めていると、店の奥からメールでやり取りしていたスタッフが登場し、二階に案内してくれました。

ビスポークラウンジに着くと、そこには過去の限定コレクションの展示が!このたくさんの素晴らしいコレクションを見るだけでも、ビスポークラウンジを訪れた価値があります。

また、「ここだけは写真NG」という、次のシーズンの限定コレクションもあり、かなりテンションが上がりました。

来シーズンのコレクション、めっちゃ可愛くて私の趣味にどストライク。発売されたら買っちゃうかも・・・と思いました。

悩みに悩んで、あれでもないこれでもない

グローブトロッターのビスポークでは、スーツケースのサイズから外装ボードの色、コーナーパネル、ハンドル、金具、内装などなど、なんと紙3枚分におよぶオーダーシートを埋めていく必要があります。

ボードの色見本と革の色見本を何度も何度も組み合わせて、ああでもない、こうでもない、一度決めたけどやっぱり変更···と、ある程度は事前に考えていたものの、2時間なんてあっという間に経過してしまいました。

お会計はその場で、日本へ配送してもらうこととしたのでイギリスの消費税であるVATは除かれた金額で決済します。

「デザインは、翌日以降にデザイナーがきれいに絵に起こしたものをメールで送るから、間違っていないかの確認と変更したい場所があれば遠慮なく言ってね」ということで、冷静になって考えなおしてやっぱり変更したいという場合にも対応できそうで安心しました。

クリスマスプレゼントにカードケースをゲット!

ちょうど季節的にクリスマスキャンペーンが始まったところで、300ポンド以上お買い上げの方にはカードケースをプレゼント、ということで、思いがけずカードケースも貰ってしまいラッキーでした。

日本のグローブトロッターではこの時期スノードームがプレゼントされますが、どちらもステキですね。

日本への輸入に際しての注意事項など

グローブトロッターのロンドン本店でビスポークしたものは、再度自分でロンドンを訪れる予定がない限りは後日配送のいわゆる別送品になります。

別送品の手続きについては別エントリーで書きますので、そちらもご覧ください。

最新情報をチェックしよう!