【岐阜県郡上八幡へ】気になっていた郡上おどりに行ってみた

8月の初旬、前々から気になっていた岐阜県の郡上八幡へひとり旅してきました。
数年前たまたま行った近所の盆踊り大会で急に盆踊りに目覚め、最近は家の近所でやっている盆踊りにはかかさず参加するほど、盆踊りが好きだということに気が付いたのでした。
もっと盆踊りを知りたい!ということで、ネットで検索してみたところ、岐阜県の郡上八幡は7月中頃からほぼ毎週週末どこかしらで「郡上おどり」と呼ばれる盆踊りをやっていることを知り、これを知って行かずにいられないってことで早速行ってみました。

広告

東京から新幹線と在来線を乗り継いで岐阜へ

金曜の昼、出張のサラリーマンが多めの東海道新幹線で名古屋まで一飛び。
新幹線によく乗っているわけではないけれど、やはりのぞみは早いなぁ、にしても静岡長いなぁといつもどおり思っているいうちに名古屋に到着しました。
在来線に乗換え、岐阜までは快速で約20分と予想以上に早く着きました。名古屋と岐阜ってもっと距離があるのかと思っていましたが、意外と近いことを改めて知りました。
名古屋で乗り換えた時も乗り換えだけでじんわりと汗をかき、岐阜駅に降り立つととにかく暑い。なんとこの日は名古屋で40度を越えたと報じられた日でありました。
高速バス乗り場を探す前に時間があったので、駅中にあったソフトクリーム屋さんで抹茶のソフトクリームを食べました。ミルクに濃い抹茶が練りこまれていてかなりの美味でしたが、駅のなかも暑くてすぐに溶けそうだったので、とにかく早く食べることに必死になり、肝心の味どころではありません。

岐阜から郡上八幡、緑の多きところ、そして水がきれいなところへ

岐阜といえば長良川が有名ですが、岐阜駅周辺には公共の水飲み場があって水のきれいな長良川をアピールしています。
普段東京では水道水を直接飲んだりはしないのですが、ちょっと試しに飲んでみました。が、水も暑さでぬるいはたまたお湯になってしまうんじゃないかくらいの熱さだったので、味はよくわかりませんでした。
夏に飲むなら冷たい水が良いですね。
そんなことと思いながら、郡上八幡行きの高速バスに乗りました。
バスは平日ということもあり、なんと4人しか乗っておらず、経営大丈夫かな、と余計な心配をしてしまいました。岐阜駅前もそれほど人が歩いている感じはなかったのですが、バスが進むほど空が広くなり、田んぼや畑が見えてきて、そうこうしているうちにトンネルをくぐる回数が増えていき、山に入っているんだなぁと感じます。
山に植えられた木々の緑のまぶしさと高速道路の下を流れる川が肉眼で確認できるほどきれいなのに驚きました。

郡上八幡到着 とにかく暑く頭が全く回りません

高速バスは郡上八幡の城下町プラザに予定時刻より少しだけ遅れて到着しました。
降りると外は灼熱地獄。立っているのがきついと感じる程の照り返しです。
宿を探しに行かなくては行けないのですが、その前にご飯も食べたいような気もしました。
暑すぎたせいか人気のない城下町のまっすぐ伸びた道には、なんと陽炎が見えました。歩き出すのも躊躇するような暑さの中だなぁと感じ、せめて喉を潤してから・・・と、城下町プラザの前にあるカフェで甘酒をテイクアウトして飲みました。

普段甘酒を飲むことはあまりないのですが、不思議と旅先で見かけるとついつい飲みたくなってしまいます。冷たい甘酒のおいしさに、ちょっとだけ疲労も回復したので、宿を探して歩き出すことにしました。

女性専用のゲストハウスまちやど

今回は女性専用のゲストハウス「まちやど」に宿泊しました。旅はよくしていますが、これまでいつもホテルに泊まっていたのでゲストハウスに泊まるのは初めてで、少し不安もありましたが、宿の主も女性で民家を改装したゲストハウスはなかなかよかったです。
夜になるまで郡上八幡の地ビールと地元の野菜をつかったおつまみを堪能。
これがすごくおいしくてまた感動。お店の人たちもとても親切で楽しいひと時をすごし、いい時間になったので、いよいよ盆踊りの会場へ向かうことにしました。

いよいよ盆踊り!

道の真ん中にやぐらを建てて、その中に唄の人、お囃子の人がのっかり盆踊りがスタートしました。郡上八幡の盆踊りの魅力はなんと言っても音楽が生であること。
今のたいていの盆踊りはCDか何かを掛けているのですが、ここは人がリアルに郡上八幡の民謡を歌い、それに合わせて人々が休む間もなく踊り続けるのです。
時々ビールを飲んで休憩しつつ、最後まで踊りました。
振りつけが私には微妙に難しく、また暑さのせいもあり、盆踊りが終了したときはどっと疲れましたが、かなりの達成感がありました。

おわりに

東京から郡上八幡は、公共交通機関だけでは少し行きづらい場所ではありますが、郡上踊りの時期は踊りが好きでなくても行く価値はあります。
また緑が美しく、水も美しく、どこにいても川の流れの音がこころを落ち着かせます。
湧き水も岐阜駅前で飲んだものとは違って、暑くても冷えていておいしく、誰でも飲めるように街のあちこちに柄杓や湯のみが用意されています。
日本にはこんなすてきな場所が、伝統が残っている、そんなことを感じた短い旅でした。

広告