【2018ダイヤモンドプリンセス乗船記】07.絶対参加したい!プリンセスクルーズ名物のシャンパンタワー

ダイヤモンドプリンセスはもちろん、プリンセスクルーズの各船では、フォーマルナイトに必ず催される恒例のイベントがあります。

それは、百個以上のシャンパングラスを身長以上に高く積み上げて、乗客・乗員が上からシャンパンを注ぐというシャンパンタワーです。

なぜシャンパンタワーが行われるのか?

シャンパンタワーは、「揺れない船の証」とも言われています。確かに絶妙なバランスで保たれたシャンパングラスは、少しの揺れで倒壊してしまうでしょう。

船内でシャンパンタワーができるというのは、その船が揺れていないことの証明なのです!!

シャンパンタワーで写真を撮りたい!

シャンパンタワーにシャンパンを注ぐという経験は、人生のうちにそう何度もあるものではありません。

どうせなら、しっかりとその姿を写真に収めたいものです。そこでオススメしたいのが、同行者と時間をずらして列に並ぶことです。

家族や友達と一緒に列に並んでしまうと、至近距離での写真は取れますが、肝心のシャンパンタワーの全景がまったくうつりませんので、一人ひとり並んで、お互いに写真を取り合うのがおすすめです。

もちろん、プリンセスクルーズ専属のプロカメラマンが撮った写真を買うといのも一手です。

最後までその場に残って振る舞い酒をもらおう

シャンパンタワーのイベントが終わると、積み上げられたシャンパングラスはだんだんと慎重におろされ、シャンパンがなみなみと注がれた状態のグラスがその場にいる乗客にふるまわれます。

せっかくの機会ですから、シャンパンを片手にまわりの方と歓談するのも良い思い出となるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
広告