【2018ダイヤモンドプリンセス乗船記】02.クルーズに行く前にクルーズパーソナライザーを使いこなそう

プリンセスクルーズの予約をして予約番号がわかったら、または自分のキャプテンズサークルの会員番号が予約とリンクしたら、クルーズパーソナライザーhttps://www.princesscruises.se/en/cruisepersonalizer/loginというWEBページでクルーズに関するあれやこれやをアレンジすることができるようになります。

今回乗船したダイヤモンドプリンセスはもちろんのこと、近々ワールドクルーズが予定されているサンプリンセス、海外で運行中のゴールデンプリンセスやルビーピリンセスなど、プリンセスクルーズのいずれの船でも手順は同じです。

本稿では、クルーズパーソナライザーてできることをご紹介していきます。

寄港地観光予約

クルーズパーソナライザーでは、エクスカーションと呼ばれる各寄港地観光の事前予約ができます。寄港地観光はもちろん乗船後の申し込みも可能ですが、人気のコースは事前予約で満席になってしまうこともあり得るので、どうしても行きたいコースがある場合は早めにクルーズパーソナライザーから予約するのがおすすめです。

プリンセスクルーズ主催の寄港地観光(エクスカーション)に参加しないとしても、どのような観光名所があるのか、効率的な観光地の周り方など、エクスカーションのルートは個人観光の参考にもなります。

スパ予約

クルーズの楽しみの一つとしてスパで受けるハイレベルなマッサージやトリートメントが挙げられます。今回乗船した大型のダイヤモンドプリンセスはもちろんのこと、7.7万トンという中型のサンプリンセスでも必要な船内設備は十分に揃っており、ロータス・スパという名前のスパで、フェイシャル・アロママッサージ・ストーンマッサージ・ボディラップをはじめ、様々なマッサージを受けることができます。

スパの予約は乗船後にすべてのメニューを見て、セラピストと相談してから決めるのが一番ですが、どうしてもこの時間にこの施術を受けたい!というものがある場合は、事前にクルーズパーソナライザーで予約ができます。

レストラン座席のリクエスト

クルーズ乗船中の楽しみの一つである食事、とくに夕食はこだわりたい方も多いはず。

新婚旅行だから誰にも邪魔されずに二人だけのテーブルが良いのか、はたまた知らない人と話したいから大テーブルが良いのか、好みは人それぞれです。

また、時間については、ディナータイムは1stと呼ばれる17:30くらいからの回と、2ndと呼ばれる20:00くらいの回に分かれているため、できれば普段の夕食時間とあまり変わらない時間を選びたいもの。

クルーズパーソナライザーでは、1stまたは2ndのどちらが良いかテーブルサイズは2人掛けが良いのか10人以上の大テーブルが良いのかなどの、リクエストが可能です。

リクエストは必ずしも叶えられるとは限りません。乗船後、希望の時間・テーブルサイズとなっていることを確認し、もしも希望の通りでなかった場合は乗船後すぐにメインダイニングのメートルディに変更を依頼しましょう。

有料レストラン予約

メインダイニングの他にも多彩なレストランの選択肢があるのがダイヤモンドプリンセスの魅力です。ダイヤモンドプリンセスの船内には、一人29ドルで利用できるステーキハウス、正統派トスカーナイタリアンが満喫できるサバティーニなどの有料レストランがあり、クルーズパーソナライザーで事前予約が可能です。

何を食べたいかはその日の気分でも変わるものですが、乗船後に予約しようとしたらすでに満席で予約できない日があったので、日中の予定等を勘案してあらかじめ予約していくことをおすすめします。

オンラインチェックインと乗船券の発券

クルーズ代金の支払いが完了して、乗船券に必要な情報(氏名・住所・緊急連絡先・パスポート情報など)の登録が完了すれば、クルーズパーソナライザーでオンラインチェックインが完了し、乗船券(eチケット)をプリントアウトできるようになります。また、合わせて、荷物タグも印刷できますので、持参するスーツケースの数に合わせて印刷し、記載の指示に従ってスーツケースにくくりつけて行くと良いでしょう。

オンラインチェックインが完了していれば、乗船地での煩わしい手続きが不要になるため、必ず事前にオンラインチェックインを済ませていきましょう!

豪華客船クルーズの予約はこちら

次のクルーズの予約はお決まりですか?ダイヤモンドプリンセスやコスタネオロマンチカなどの国内クルーズはもちろん、海外へのフライ&クルーズから世界一周まで、クルーズの予約はお得な料金で豊富なコースから選べるベストワンクルーズがオススメ!今すぐこちらのリンクから気になるコースをチェック!

最新情報をチェックしよう!
広告