【5つ星ホテル】ヒルトンニューヨーク滞在記

ニューヨークにはピンからキリまで、大小様々なホテルがあって、どこに泊まろうか考えるだけでも骨が折れるもの。

初めての土地でどのホテルに泊まるのか選ぶ際、やはり国際的に有名なホテルチェーンは安心感があるものです。

個人的には個人経営の小さなプチホテルも好きですが、ニューヨークのように「ホテルの外に誘惑がたくさん」あるような土地では、あまりホテルステイに時間をかけられませんし、夜遅くタクシーでホテルに戻る際にも運転手さんがすぐにピンとくるホテル名であることは重要なポイントです。

便利な立地と便利な設備に惹かれて予約

ヒルトンニューヨークは、ニューヨークの6av、セントラルパークに近く駅近で立地がよく、安全面でも対して問題もなさそうで、部屋にはアメリカにしては珍しく大きなバスタブがあるという好条件のこのホテル。

さらにはホテル内にJTBの支店があるため日本人スタッフいて、いろんなツアーやミュージカルのチケットなども簡単に手配ができ、現地にある日本のレストランなどの情報などが壁に貼られていて、非常に日本人旅行者には便利なホテルだと思い予約しました。

実際に滞在してみて、やっぱり便利!

滞在前からぜひニューヨークでミュージカルを観てみたいと考えていたので、ホテル内にあるJTBで当日券を苦労せず安く買えることができ、無駄な時間も省けたのはうれしかったです。ニューヨークのブロードウェイの当日券はTKTSで並べば半額近くで買うこともできますが、半額とは言わないまでも、並ばずに割引でチケットを買えたのは良かったです。

ニューヨークは狭いマンハッタンの島の中でビルがひしめき合っているためホテルの部屋も狭くなりがちですが、事前に調べた通り大きなバスタブがありのんびりと過ごせました。ちょうどニューヨーク滞在中に雪が降っていて、非常に寒く、このバスタブでかなり助かったと思います。

天候が悪かったため、予約していたバスの時間を変更する際も、コンシェルジュに連絡をお願いして、ストレスなく変更手続きができました。英語が話せるとはいえ、対面で話すのと電話で話すのでは違いますし、ブロークンな喋りをする方が相手だとお手上げなので、電話が必要な場合はできるだけコンシェルジュをうまく使うのも旅行の小技です。

室内の設備やアメニティはお風呂以外はイマイチかも

不便を感じるほどではありませんが、セントラルヒーティングのために室温が調節できず、常に「もう少し温度を上げたいな」と思っていました。

また、アメニティの類も日本のビジネスホテルレベルで、そんなに豪華ではありませんし、シャンプーは水のせいかもしれませんが髪がキシキシになるものでした。

最新情報をチェックしよう!
広告