【5つ星ホテル】ミレニアムヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)滞在記

バンコクの高級ホテルについて、前回はシャングリラホテルバンコクをご紹介しましたが、そのシャングリラホテルとも近い距離にある誰もが知っている高級ホテルチェーンヒルトンホテルの、ミレニアムヒルトンバンコクをご紹介します。

前回と同じく、バンコクの中でも高級ホテルがたくさんあるチャオプラヤー川に近いホテルを探していました。ミレニアムヒルトンバンコクへは、駅から川を渡ってホテルまで行くため、ホテル専用シャトルボートがあり、移動がアトラクション気分で楽しめそうなこと、夜に観光に行こうと計画していた「アジアティーク・ザ・リバーフロント」への直行シャトルボートがホテルから出ているので便利そうだな、と思いました。また、バンコクは全体的にホテルが安く、中でもヒルトンはお手頃価格(日本円で約8,000円でした)で泊まれるというところもホテルを選ぶ決め手となりました。ミレニアムヒルトンバンコクの今日現在の価格はこちらからご確認ください。

123 Charoennakorn Road | Khlongtonsai, Khlongsan, Bangkok 10600, Thailand

期待を上回る朝食バイキング

ミレニアムヒルトンバンコクで一番思い出に残っているのは、何と言っても朝食です。ホテルの朝食は、常に旅行での楽しみの一つですが、ここの朝食は今まで経験した中でも特に素晴らしいものでした。宿泊費に朝食代も含まれているし、ビュッフェ式なので、あまり期待していなかったのですが、予想をはるかに上回るものでした。

レストランは天井が高くテーブルは広々と配置されていて、屋外席はチャオプラヤー川すぐ近くで、気温が高いながらも川からの風が気持ち良かったです。ビュッフェの内容も、豊富な種類のパンには菓子パンやケーキまであり、料理は洋食・タイ料理・和食と幅広いレパートリーで、なんとお寿司までありました。ホットケーキや卵焼きは、もちろんその場で焼いてくれるスタイルで、焼き加減や具材のリクエストにも対応してもらえます。

何より嬉しかったのはレストランスタッフの対応で、リクエスト通りのテーブルに案内してくれるし、コーヒーが減るとすぐ気が付いて言わなくても足してくれます。高級ホテルのレストランでも、コーヒーのお代わりは声をかけないと持ってきてくれない所も多いので、スタッフがよく教育されているなと感じました。

ルーフトップバーと展望バーからの夜景が最高!

ミレニアムヒルトンバンコクのルーフトップバーと展望バーは、ぜひ日が沈んでから楽しみたい場所です。チャオプラヤー川は昼間見ると水は茶色く濁っていて綺麗ではないのですが、夜景として見ると、行きかうクルーズ船がきらきらと光っているのと、川の両サイドのビルや車のライトで輝いていて、とても綺麗です。

ルーフトップバーと展望バーは31階という高層に位置しているため、上から夜景を見下ろす形でお酒を楽しめます。ルーフトップバーの方は、川の方面に向かってソファが並び、静かに風を感じながらお酒を飲めます。展望バーの方は室内ですが全面ガラス張りでいろんな方向から夜景を楽しむことが出来ます。二つのタイプの違うバーがあることで、気分によって好きな方で夜を過ごせる事が良かったです。

おわりに

ちょっとだけ治安に不安がある東南アジアでも、高級ホテルの中なら安心して過ごせます。物価が安いので、日本では躊躇してしまう高級ホテルに長期でも滞在できるのが嬉しいですね。チャオプラヤー川の近くは高級ホテルの宝庫なので、ホテルホッパーも楽しいかもしれません。

ミレニアムヒルトンバンコクは、治安の問題もなく、食事も美味しく、昼のプールから夜のバーまで一日中ホテル内で過ごしても退屈知らずです。

最新情報をチェックしよう!
広告