【SFC修行?】憧れの上級会員!ANAプラチナステータス獲得までの全フライトを大公開!!

【SFC修行?】憧れの上級会員!ANAプラチナステータス獲得までの全フライトを大公開!!

 

航空会社のマイレージ会員サービスには、その航空会社をよく利用する「お得意様」を上級会員として優遇するステータスというものが存在します。

これまで北米出張が多くアメリカの航空会社のマイレージを貯めていたのですが、2016年に「陸マイラー」というジャンルを知ってからANAのマイルに興味が湧き、2017年はANAのマイレージ会員サービスである「ANAマイレージクラブ」に入会してマイルを貯めてみました。

ANAマイレージクラブにも上級会員を優遇するプレミアムサービスが存在し、ブロンズ→プラチナ→ダイヤモンドと、利用が多くなればなるほどステータスもレベルアップしていく仕組みです。

Advertisement

ANAマイレージクラブのステータス獲得にはプレミアムポイントを貯める!

ANAマーレージクラブのステータスは、プレミアムポイントという、マイルとは別のポイントで決まります。プレミアムポイントはマイルと同じくそのフライトの距離と予約クラスによって決まりますが、後述の実績表を見てもわかる通り、計算方法がマイルと違うので、マイルよりも多くたまったり少なかったりします。

ANAの上級会員ステータスを獲得するには、1月から12月までの一年間に以下のプレミアムポイントを獲得する必要があります。

ステータス プレミアムポイント
ブロンズ 30,000
プラチナ 50,000
ダイヤモンド 100.000

 

ANAプラチナステータスを獲得するための全フライト実績をご紹介

では、実際に私がANAマイレージクラブでプラチナステータスを獲得するまでにどれだけ飛行機に乗ったのか、航路とマイル、そしてステータス獲得に必要なプレミアムポイントをご紹介します。

なお、フライトはすべて出張およびプライベートな旅行のため、費用は掲載しておりません。

一年間で獲得したプレミアムポイント(PP)は合計54,936プレミアムポイントでした。

国際線 合計44,986プレミアムポイント

From To クラス マイル PP
羽田 ニューヨーク D:ビジネス 10,503 8,803
ニューヨーク 羽田 D:ビジネス 10,503 8,803
成田 ワシントンDC Y:プレミアムエコノミー 8,452 7,162
ワシントンDC オーランド Y:エコノミー 950 1,160
オーランド ワシントンDC Y:エコノミー 950 1,160
ワシントンDC 成田 Y:プレミアムエコノミー 8,452 7,162
成田 シンガポール Y:プレミアムエコノミー 3,312 5,368
シンガポール 成田 Y:プレミアムエコノミー 3,312 5,368

※マイルには、保有カード(ANAワイドゴールド)の上乗せマイルを含みます

Advertisement

国内線 合計9,950プレミアムポイント

From To クラス マイル PP
羽田 伊丹 ビジネスきっぷ 350 960
伊丹 羽田 ビジネスきっぷ 350 960
羽田 那覇 ビジネスきっぷ 1,230 2,368
那覇 羽田 ビジネスきっぷ 1,230 2,368
羽田 大分 プレミアム旅割 623 1,647
大分 羽田 プレミアム旅割 623 1,647

※マイルには、保有カード(ANAワイドゴールド)の上乗せマイルを含みます

ANAプラチナステータスのメリットは?

プラチナステータスを保有することで、次のようなメリットがあります。

・プレミアムメンバー専用サービスデスクの利用
・ラウンジの利用
・座席クラスのアップグレード
・プレミアムエコノミーへの変更

いずれもメリットも、旅行や出張を快適にするにはとても良いサービスです。しかし、プレミアムメンバーの権利は通常ステータス獲得後の翌年1年間のみとなっているため、飛行機に乗る頻度にムラがある方は、ステータスの恩恵にあずかれる年とそうでない年が出てきてしまいます。

そこで重要なのが、上記以外の最大のポイントです。

プラチナステータス保有時はスーパーフライヤーズカード(SFC)への入会権利が得られます

なんと、プラチナステータスとほぼ同等の権利が、クレジットカードの年会費を払い続ければずっと保有できるという夢のようなクレジットカードに入会できるのです。

さらに、クレジットカードということで、配偶者や両親・お子様などを家族会員にすることもでき、家族でメリットを享受できます。これについては別途詳しく書く予定ですが、このクレジットカード獲得を目的にプラチナステータスの取得を目指す「SFC修行」というものを行う人も多くいるようです。

なお、プレミアムメンバー専用サービスデスク(コールセンター)を利用した際のことはこちらの記事を御覧ください。

おわりに

これまでアメリカ系航空会社に乗ることが多かったのですが、マイレージの移行を機に国際線もANAを選ぶようにしてみたら、その丁寧な接客に圧倒されまくりです。そして、ステータス取得後のフライトでも、日本のホスピタリティは素晴らしいなと思うようなことが多々あり、ますますANAファンになりました!

マイレージ上級会員カテゴリの最新記事