【ANA】マイル・ANA SKY コインの有効期限延長を発表

新型コロナウィルスの世界的な拡大により、各国が事実上の鎖国状態になり、国をまたいでの移動はもちろんのこと、国内での移動もなかなか難しくなってきました。

そんな中、ANAは3月19日、「新型コロナウイルスの感染拡大に伴うANAマイレージクラブの特別対応について」と題して、ANAマイルおよびANAスカイコインの有効期限を延長する旨のプレスリリースを発表しました。

マイル・ANA SKY コインの有効期限延長

対象となるのは、2020年3月31日(火)から2021年2月28日(日)までに有効期限を迎えるマイル・ANA SKY コインで、延長後の有効期限はいずれも2021年3月31日(水)となるようです。

最大1年も期限が延びるのは、まさに緊急事態そのものですね。

もともとの期限は?

期限が迫ったANAマイルやANAスカイコイン、ギリギリまで使わずに持っていた人も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそもこれらの有効期限はどれくらいだったのでしょう?

ANAマイルは、搭乗日から起算して3年後(36ヶ月後)の月末日が有効期限です。つまり、2020年3月31日〜2021年2月28日に有効期限を迎えるのは、2017年3月1日〜2018年2月28日までに搭乗して獲得したマイルです。

スカイコインは、マイルからスカイコインに交換した日から12ヶ月後の月末日が有効期限です。

キャンペーンなどで獲得したスカイコインは、それぞれのキャンペーンによって有効期限が決められています。

私のマイル残高はどうなる!?

さて、気になるのは自分のマイル残高。ANAのサイトでマイページにログインして確認してみたところ、直近のマイル有効期限は2021年9月末。

マイルは特典航空券にザクザク使っているので、そんなに期限が近いものは残ってなかったですね。期限の延長は、特に私には関係ない話でした。

さて、一方でANA SKYコインは、なんと2020年3月末に期限を迎えるものがありました。ANAのアンケートに答えたりして少しずつ貯めたものですが、塵も積もれば・・・という感じです。

SKYコインは直近3ヶ月に有効期限を迎える残高しか表示されないため、実際に2021年2月末までに期限を迎えるコインがどれくらいあるのかわかりにくいのですが、現在のANA SKYコイン口座残高と、今月獲得分の差がそれになります。

今月の獲得コインは1,000コイン程度でしたので、つまり3,000コイン(3,000円相当額)ほどが期限延長となったのでした。

早く飛行機に乗りたい

仕事でも、いくつかの出張がキャンセルになり、プライベートの旅行も泣く泣くキャンセルしました。

まだまだ沈静化の気配は見られませんが、早くこの騒ぎが落ち着いて、また飛行機旅を楽しむ日常に戻りたいものです。

最新情報をチェックしよう!