【MSCファンタジア旅行記】08.日本人クルーも乗船しているので安心、船内新聞も日本語版あり!

海外発着のクルーズや海外旅行の際に気になるのが言語問題ですが、MSCファンタジアには日本人クルーが1名乗船しており、リクエストや困った時は、気軽に聴くことができます。また、船内新聞も日本語版があるので安心です。

困った時は、日本人クルーに聴いてみましょう。重要情報は、船内新聞でチェック

私たちの乗船したMSCファンタジアには、日本の旅行会社のツアーグループが乗船していたこともあり、日本人クルーが1名常駐していました。

直通の内線がありますので、特定の時間帯であれば、いつでも連絡を取ることが出来ます。

私の場合は、英語が話せるので、日本人クルーのお世話になることはありませんでしたが、英語でのコミュニケーションに不安がある方にはとても安心だと思います。

また、船内新聞も日本語版があります。

イベントや下船時の事務手続きなど、重要な情報はほとんど船内新聞に記載がされています。

日本人クルーが乗船していない場合も十分あると思いますので、簡単な英語会話帳などを携帯していると、コミュニケーションがとりやすいかもしれません。

ただし船内の表記は全て英語ですので、ある程度の英語読解力は必要となります。

個人旅行の場合は、ある程度の英語力必要!全ての手続きを自身で行う必要あり

個人でクルーズに参加する場合は、船のチェックイン手続きやリクエストなどは、自身で行う必要がありますので、一定の英語力は必要だと思います。

レストランやバーなどでも、日本人クルーは居ませんので、オーダーや食事内容の質問なども全て英語で行われます。

多少つたない英語でも、サービス精神の高いクルーが多いですので、親切に対応してくれますし、こちらも身振りと手振りで伝える努力さえすれば、不思議とコミュニケーションが成り立つものです。

私の感覚値ですが、英検2級・TOEIC600点程度の英語力があれば、船内でも問題なく英語のコミュニケーションが図れるのではないかと思います。

おわりに

日本の旅行代理店のツアー客などが多い場合は、日本人クルーが乗船する可能性が高いです。
船内新聞も日本語版があるので安心。船内表記やレストランなどでのコミュニケーションは、ほぼ英語になるので、英語の読解力が必要な場面もあります。

豪華客船クルーズの予約はこちら

次のクルーズの予約はお決まりですか?ダイヤモンドプリンセスやコスタネオロマンチカなどの国内クルーズはもちろん、海外へのフライ&クルーズから世界一周まで、クルーズの予約はお得な料金で豊富なコースから選べるベストワンクルーズがオススメ!今すぐこちらのリンクから気になるコースをチェック!

最新情報をチェックしよう!
広告