【MSCファンタジア旅行記】05.笑顔とホスピタリティ溢れる、多国籍なMSCクルー

欧米、アジアなど、世界各国からの乗客がいるMSCファンタジア。乗船しているクルーもグローバルです。イタリアの船会社のカラーなのか、どなたも気さくで親切な方が多いです。
どんなことにも、笑顔で丁寧に対応してもらいました。

広告

分からないことがあれば、何でも親切に教えてくれますので、気軽に話しかけてみましょう!

初めてのクルーズ旅、実際に乗船すると、設備の使い方やサービス内容など、分からないことが多く出てきます。

乗船してまずはクルーズカードを部屋で受け取ります。船内IDみたいなもので、乗船中の追加料金は、その場でクルーズカードを提示し、後精算になります。現金を持ち運ぶ必要がないので、とても楽です。

そのクルーズカードをバリデート(有効)するために、船内の機械でクレジットカードを登録する必要があるのですが、その機械が上手く動作しませんでした。

機械の操作方法がよく分からなかったので、近くにいたクルーに聴くと、隣に立って丁寧に操作方法を教えてくれました。それに加えて、船内の設備に関しても簡単に説明してもらい、とても心地の良いコミュニケーションをしてくれます。

また船内にあるカジノコーナー、ここでも同様にゲームのプレイ方法が分からなかったので「初心者なのですが、教えてくれないでしょうか」と聴いたところ、快くレクチャーをしてもらいました。

他にも、立ち話の雑談程度で話しかけてくれるクルーもおり、MSCならではの気さくな雰囲気を体感しました。

船内のチップや大抵のサービスは、料金に含まれているので、“押し売り感”のない純粋なクルーとのコミュニケーションが楽しかったです。

基本どのクルーにも親切に対応してもらい、イヤな経験は一切なかったです

常に綺麗に保たれる客室とアメニティ。驚愕のベッドメイキング

これはMSCクルーズ全てに、当てはまるか分かりませんが、クルーズ中に大変驚いたことがあります。

食事や船内ショーを見るために、少し客室を離れたりすることがありますが、その後部屋に戻ると、新しいタオルが用意され、ベッドシーツも全てメイキングされた状態に保たれています。しかもこれが、外出して戻るたびにほぼ毎回です。

普通のホテルであれば、基本的に一日一回のベッドメイキングですが、MSCファンタジアではこれを外出するたびに行ってくれました。

どうやら、客室階の廊下にルームキーパーが常駐していて、部屋の出入りを常にチェックして、ベッドメイキングやアメニティの補充を行っているようです。

私たちを担当してくれたクルーもすごく気さくで、毎日廊下ですれ違うたびに話しかけてくれましたし、クルーズ船のサービスレベルの高さを実感しました。

人や客船によって違うかもしれませんが、このおかげですごく快適に旅ができました。最後チェックアウトの時は、妻と御礼の手紙を部屋に残して、退出しました。

クルーとの交流もクルーズの楽しみ方のひとつです。

おわりに

MSCのクルーは、乗客を楽しませようと気さくで親切な人が多かったです。
英語が話せないと、コミュニケーションが大変かもしれませんが、片言であっても丁寧に対応してくれると思います。ぜひ、積極的なコミュニケーションを取りましょう。

豪華客船クルーズの予約はこちら

次のクルーズの予約はお決まりですか?ダイヤモンドプリンセスやコスタネオロマンチカなどの国内クルーズはもちろん、海外へのフライ&クルーズから世界一周まで、クルーズの予約はお得な料金で豊富なコースから選べるベストワンクルーズがオススメ!今すぐこちらのリンクから気になるコースをチェック!

広告