【2018コスタネオロマンチカ旅行記】21.一番安い部屋でも十分快適な設備!内側客室のご紹介

本稿では、コスタネオロマンチカ号の客室内設備についてご紹介します。
コスタネオロマンチカのような豪華客船には内側・外側・バルコニー・スイートと、いくつかのレベルの客室がありますが、今回宿泊したのは一番安い内側客室です。一番安い部屋とはいえ、一週間を過ごすのに十分な設備が整っていました。

どのレベルの客室を選ぶか迷っている、という方はこちらのリンクからそれぞれの特徴とどんな方にオススメかをご覧いただけます。

部屋の大部分を占めるベッド

コスタネオロマンチカの客室内で一番存在感があるベッドは、ツインからダブルへ、ダブルからツインへ変更可能です。
今回は、乗船した時にツインの状態だったので、客室係(キャビンスチュワート)にお願いしてダブルに変更したしてもらいました。
3人や4人で利用できるように壁から補助ベッドが出てくる部屋もあります。

たっぷりとした収納

壁一面が収納スペースになっているため、よほど大荷物でない限り、二人で利用するには十分な収納スペースがあります。
ハンガーも10本以上あるので、フォーマル用のスーツやドレスも掛けておくことができます。
また、ベッドの下にはかなりゆとりがあるので、空になったスーツケースを仕舞っておくことができます。

また、コードロック式の金庫も部屋の中にあるので、財布やパスポートといった貴重品を置いておくのも安心ですし、テレビや救命胴衣もうまく壁面収納に収まっていて邪魔になりません。

コンパクトなバスルーム

バスルームはトイレとシャワールームが一体になっており、お世辞にも広いとは言えません。
備え付けのアメニティは石鹸とシャンプーだけなので、洗面用具は使い慣れたものを持参した方が良いです。
なお、部屋の中で使うスリッパは大小2足用意してありました。

ドライヤー・ドレッサー

収納の一角にドライヤーが仕舞われていました。ちょうどドレッサーの前に座った時に横になる場所で、なかなか考えられています。
ドライヤーは小さめですが、風力は強めで、特に不便は感じませんでした。
なお、火災防止のためドライヤーの持ち込みは禁止されているため、部屋の備え付けのドライヤーを使うしかありません。

バスローブ・シャワーの裏技

部屋には備え付けのバスローブや浴衣はありません。
しかし、サムサラスパのサーマルエリア利用者はスパでバスローブを借りることができるため、それを部屋にいるときも利用できます。
また、部屋のシャワーはびっくりするほど狭いのですが、スパのシャワールームはそれなりの広さがあるので、いっそのこと部屋でシャワーを浴びるのをやめて、スパでシャワーを浴びてしまうのも一手です。

おわりに

豪華客船クルーズの値段は、主にどの客室を選ぶかで決まります。窓のない内側の狭い部屋が一番安く、バルコニーがついて広い部屋が高くなります。

豪華客船の中では一日中船内のどこかでイベントが行われており、部屋には寝に戻るだけ、と考えれば、内側の客室でも十分です。

豪華客船クルーズの予約はこちら

次のクルーズの予約はお決まりですか?クルーズの予約はお得な料金で豊富なコースから選べるベストワンクルーズがオススメ!今すぐこちらのリンクから気になるコースをチェック!

最新情報をチェックしよう!
広告